• トップページ
  • 黒色メッキ処理.com解決ポリシー
  • 黒色メッキ処理選定ナビ
  • 黒色メッキ処理メニュー
  • 黒色メッキ処理納入事例
メッキ試作ラボ 試作に関するメッキのお悩み、解決します!詳細はこちら

黒色メッキ処理メニュー

低温黒色クロム処理   黒色アルマイト処理   黒色亜鉛メッキ
黒色無電解ニッケルメッキ   黒色クロムメッキ   黒染め

低温黒色クロム処理

images
低温黒色クロム処理とは、対象の母材に対して合金のような黒色の金属の表面を作り出す特殊な表面処理技術です。

技術的には電気メッキに近く、通常の化学反応とは異なる0℃以下の環境で電気化学反応を起こさせ、約φμm以下のセラミックの状クローム微粒子を析出させます。
そしてその皮膜の一部が、母材である金属材料の内部に合金のような拡散層(約-μm)を形成させた層をつくり出すことが大きな特徴です。
そのため、以下のような他の黒色の表面処理にはない特徴を付与することが可能です。

1. 母材と皮膜とが一体化しているため半永久的に分離(剥離性)することはありません。
2. 合金化した金属表面は時間を置いて安定するとステンレス化し、酸化セラミック層(約+μm)とともに強力な保護防錆膜を構成します。
3. 皮膜表面上の無数な微細孔に様々な高分子樹脂・薬品を含浸させることで、目的に応じた様々な機能を付与することが出来ます。
▼ 上記の内容の詳細や黒色のメッキ処理に関する詳細の情報はこちらから ▼
お問い合わせはこちら

黒色クロムメッキ

images
漆黒調の皮膜が得られる代表的なメッキです。

高級カメラの上蓋(グンカン部)やエプロン、底部、あるいは自動車やオートバイの各部品に広く利用されているほか、弱電部品や通信機部品(放熱効果を目的としたシールドケース等)、時計側、事務機等に活用されています。
メッキ直後の皮膜に光沢がない場合は、後処理として、ワックス仕上げ、シリコン仕上げなどのつや出しも行う必要があり、色調べやつやはメッキ浴組成や電着条件によっても異なるため、各工場では微妙に異なる場合が少なくありません。
耐磨耗性に乏しいため、摩擦を伴う部品には不向きであるが、後処理に独自のノウハウを有している工場では比較的耐磨耗性にすぐれた黒色クロムメッキを提供しているところもあります。
耐食性は大で、塗装等他の黒色化にくらべてもっとも耐久性のある皮膜が得られ、塗装の密着性も良好です。

▼ 上記の内容の詳細や黒色のメッキ処理に関する詳細の情報はこちらから ▼
お問い合わせはこちら

黒色亜鉛メッキ

images
代表的な防錆めっき法として広範囲な分野で活用されています。鉄の防錆にきわめて効果的であることに加え、メッキ溶及びクロメート処理の進歩によって外観性能も向上し、装飾的用途での評価も高まっています。
特徴
1. 機械加工された比較的複雑な形状の素材でも、ほぼ均一な厚さでメッキすることができ、量産加工も容易です。
2. 鉄に対する犠牲的防食作用が強いために、メッキ面キズがつき鉄面が一部露出しても防錆することができます。
3. 後処理としてのクロメート皮膜が亜鉛の白さび発生を長期間防ぎます。
4. 他のメッキ加工に比べ、きわめて低価格でメッキできます。
5. 塗装等にみられる、ネジ・切削面などのマスキング作業が不要です。
6. メッキ後の二次加工性に優れています。
▼ 上記の内容の詳細や黒色のメッキ処理に関する詳細の情報はこちらから ▼
お問い合わせはこちら

黒色無電解ニッケルメッキ

images
メッキとは異なり、通電による電子ではなく、めっき液に含まれる還元剤の酸化によって放出される電子により、液に含浸することで被めっき物に金属ニッケル皮膜を析出させる無電解めっきの一種である。このめっき方法はカニゼンメッキとも呼ばれます。

技術の高機能化、精密化に伴い、表面処理に対するニーズも高度化してまいりました。
そんな中で、現在最も注目され需要を伸ばしているめっき技術です。電気を使わないため、電気めっき特有の膜厚のばらつきがなく、各種精密機械加工品にも均一膜厚寸法精度での処理が可能です。 また、もともとの無電解ニッケルリンめっきの特性を活かして、黒色を実現しました。

また、高硬度・耐摩耗性の特徴を活かし、様々な目的で幅広く利用されるようになりました。なお、従来の無電解Ni-Pめっきに微量に含まれていた鉛を完全に排除し、鉛フリー化を実現。環境においても、安心してお使いいただけます。

▼ 上記の内容の詳細や黒色のメッキ処理に関する詳細の情報はこちらから ▼
お問い合わせはこちら

黒色アルマイト処理

images
電気メッキと極めて似たイメージの技術で、水系塗料の中に被処理物を浸漬しこれを陰極または陽極とし、直流電気を通じて塗膜を電着、形成させるものです。
前者をカチオン電着塗装、後者をアニオン電着塗装といいます。
防錆目的には黒色が多く用いられますが、クリアからカラー迄あります。

めっきと異なり、アルミニウム素地を特定の条件下で陽極酸化させることで皮膜形成する技術です。

密着性に優れ、耐食性や耐摩耗性、染色による装飾等の機能が付加できます。処理前後の寸法・公差の管理が難しいとされるなか、弊社の長年に亘るアルミニウム素材におけるノウハウを活かし、高い寸法精度での処理が可能です。
弊社では、装飾性はもちろんのこと、機能的な黒色アルマイト処理のニーズに幅広くお答えします。

また、処理の特性上、ELV指令やRoHS指令で規制される有害物質を使用していないため、環境問題の心配もありません。
尚、外観の仕上がり具合は、素材表面の加工状態、研磨、ヘアライン・ショットブラスト等の方法によって影響されます。

・黒色アルマイト処理処理
・梨地黒色アルマイト処理処理
・化学研磨黒色アルマイト処理処理

▼ 上記の内容の詳細や黒色のメッキ処理に関する詳細の情報はこちらから ▼
お問い合わせはこちら

黒染め

images
鉄鋼の表面に緻密な酸化被膜を形成させ錆を防ぐ処理です。
簡単に言えば、鉄の表面を錆びさせそれ以上、錆びが進行しないようにする処理のことです。
黒染めの特徴
1. 皮膜が薄い…寸法精度が要求されているものに適しています。
2. 価格が安い。
3. 「油分」きれると錆びの進行が速くなります。

黒染めの表面
素材の加工状態にもよりますが「光沢のある黒色」です。

使用例
1. 黒色にしたい製品。
2. 寸法精度を維持したい製品。
▼ 上記の内容の詳細や黒色のメッキ処理に関する詳細の情報はこちらから ▼
お問い合わせはこちら